豆玩舎ZUNZO(おまけやズンゾ)のこと、宮沢賢治+上方落語=賢治噺、などなど
 
<< 私市へ | main | かんてんグループ >>
桂春蝶独演会 蝶戦その4

券を頂き久しぶりに
天満天神繁昌亭
桂春蝶独演会  へ。

弟子の紋四郎さんが貧乏花見
からのお目当春蝶師匠たっぷり佐々木裁き
おなじみ喬太郎師匠のネタ母恋いくらげ
ネタおろしの死神
と怒濤の三席。

生高座観たのはは襲名前の春菜時代以来。
二世ユニット坊っちゃん5 の頃からすると
同世代ながら逞しい。
濃いいめの演出も
ストーリーが重硬めなので丁度いい。

佐々木裁きは大好きなハナシで、
桶屋の親父に感情移入してしまい
ちょっと泣けた(;_:)

…実は同い年なんよ。
94年入門、25周年だそう。
吉弥師、かい枝師と並んで

くしかつの会メンバーは今が旬。
俺も頑張ろ、何やしらんけど。

【2019.04.18 Thursday 00:43】 author : おまけ家九三
| 落語 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2019.08.07 Wednesday 00:43】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://omakeyaqzo.jugem.jp/trackback/877
トラックバック
無料WEBツール広告