豆玩舎ZUNZO(おまけやズンゾ)のこと、宮沢賢治+上方落語=賢治噺、などなど
 
<< 保育園にて野点て。 | main | 女子大ゼミのみなさんと >>
へらへら踊り

http://ameblo.jp/tsumenosaki/entry-12084641750.html
 

2015年10月19日(月) 5時00分〜6時00分 Eテレで再放送!

個人的見解ですが、
 

宮沢賢治「かしはばやしの夜」の「へらへらへらばばあ!」は


これが素なのではないかと思っています。



明治に流行した寄席芸・初代三遊亭萬橘のへらへら踊りが、


川上音二郎の妻・貞奴を介して、


大阪の南地大和屋に伝わった(諸説あり)ということらしいのですが、


賢治さんもどこかで見たことあるんじゃないかなあ。



いずれ「かしはばやしの夜」を上方落語台本にしたら
 

取り入れたい。

【2015.10.17 Saturday 12:36】 author : おまけ家九三
| ものがたり文化の会 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2019.08.07 Wednesday 12:36】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
珍しく早起きして見ましたよ。
私もそんな気がしてきました。
そう考えると何だか楽しくなります。
”ハラヘッタラ・・・”なんて、
清作の状況そのものですよね。

| むらぺ | 2015/10/24 9:58 AM |
>むらぺ先生
ありがとうございます。

雰囲気伝わってます?
そうなんですよ。
かしはばやしも
今までのコドモ人体交響劇と一線を画した
オトナの落語目線で。

お三味線・太鼓の鳴り物で
お座敷に呼ばれた絵描き…お茶屋噺のような
斬新な演出プランが頭の中で広がってます。
| おまけ家 | 2015/10/25 8:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://omakeyaqzo.jugem.jp/trackback/631
トラックバック
無料WEBツール広告